お元気ですか

息する感覚で文字を打つブログ。

私は世の中のルールをあまり理解できていない

シーパルピア女川で「ダンボルギーニ」を展示しているコンポズファクトリーさん。ついに「ダンボルギーニにお手を触れないように」という張り紙を置いてるそうです。

私もダンボルギーニを見に行ったことがあります。ダンボルギーニ、今までにない斬新な発想で、かっこいいですよね。
ダンボール(箱)好きの私もテンションが上がります。

そこでちょっと思ったのが、
「張り紙、もうちょっと早く置いてほしかったな」ということ。
私は今も、常識が分からない時があります。空気も読めません。「察する」ということがしにくい人間です。
いや、でもダンボルギーニを触らない方が良いとは思ってました。
例えば、自分に子供が居たとする。その子供とダンボルギーニを見に行く。子供がダンボルギーニを触っている。「ダンボルギーニにお手を触れないように」のような注意の張り紙がない。それなら私は子供を注意しないと思います。
私にとってダンボルギーニは「今までになかったもの」の分類です。すると、前例(経験)がない。単純に考えると、ダンボルギーニに触れてはいけないことが分からないのです。まぁ、だからと言ってわざわざ触りませんが。
ダンボルギーニはダンボールで出来ていて、触ると凹んだりすることは知っています。

実は世の中には、世の中の普通が分からない人、理解しにくい人がたくさんいるのです。当たり前が分からないような人。(わたしもその1人です。)(特定の人を非難しているわけではありません)

「お手を触れないように」の張り紙は、そういう人たちへの親切心だと思います。



これは私が思っていることです。これとは逆の意見を持ってる人もいると思います。絶対。
だけど、もうちょっと理解ある世の中になってほしいな